はじめに

市場のグローバル化、消費者ニーズの多様化により、「多品種少量」への対応が非常に重要になっています。
多くの企業が、機会ロスを避けるために在庫を過剰に持ち、逆に在庫リスクを嫌ってユーザーの納期要求に応えられない問題に、頭を痛めております。
SCM構築で、企業活動全体を一つの大きなプロセスと捉え、全体最適な仕組み作りを支援します。

上杉技術士事務所(上杉豊)が、経営工学(専門:ロジスティクス)の知見を活かして、SCM構築支援を行い、企業様の経営改善に寄与します。
お気軽にご相談ください。

専門領域

①システム導入、システム設計、②生産性向上、業務効率化、③SCM構築、④物流効率化

直近の業績

中堅加工食品会社で、
①調達~生産~物流~販売を、ERPを導入して一気通貫を可能にした
②ERPを導入する際、ギャップ分析をスムーズに行えるよう、生産ライン等を映像化した
③以下の3つを同時並行で実践して最大効果を上げた
●見込み生産をストックポイント生産に切り替えた
●適切な安全在庫量を設定した
●VMIを導入した。結果、売上高物流コスト比率を9%から4.5%に削減できた。

経歴

上杉技術士事務所
技術士 上杉豊
【経営工学部門(専門:ロジスティクス)】

専門分野:中堅企業の生産~物流の効率化、SCM構築、ITを活用した業務効率化、情報戦略策定

1980年
大手電機メーカー販売代理店入社 ・社内システム開発部門配属 ・製造部門の生産、販売管理システム(原価計算含む)開発 ・半導体販売の大規模販売管理システムのプロジェクトリーダ
1994年
中小規模の製造メーカー入社(情報システムの責任者) ・販売管理システム構築 ・MRPを中心とした生産管理システム構築 ・社内イントラネット構築
2013年
中堅加工食品メーカーに社内SCMプロジェクトの責任者として参加
2018年
技術士事務所開設
2019年
技術アドバイザー(横浜中小企業技術相談事業)

お問い合わせ先

受託した業務の進め方は、担当者(当事者)、責任者、経営者とじっくり話し合い、一緒になって、課題設定、解決策策定等を行います。

お気軽にお問い合わせください。

上杉技術士事務所
〒230-0076横浜市鶴見区馬場2-32-14

メールはこちら
090-6936-1434
045-582-3039
サプライチェーンとは

サプライチェーン(≒ロジスティクスネットワーク)は、供給業者、製造拠点、倉庫、配送拠点、それを流れる原材料、仕掛品在庫、製品在庫で構成される。SCMは、調達~生産~物流~販売を効率的に統合し、適切な量を、適切な場所へ、適切な時機に、生産、販売し、部分最適化ではなく、全体の流れを、IT等を活用して、全体最適化し、コスト削減、在庫削減を目的とします。

企業の在庫を贅肉として捉え、スリムな体形にダイエットするものです。

効果は、①リードタイム短縮、②オペレーションの生産性向上、③正確な配送で、信頼性向上、④生産コストが削減、等があり、競争優位が得られます。

また、よくある相談として、①トップから在庫削減の命を受けたが、解決策が見いだせない、②ドライバー不足のあおりを受け、配送コストが一気に上昇した、③製造と販売の責任者がいがみ合って、在庫が膨れ上がってしまった、等があります。